UNB住吉神社前クリニックから始まる
新たな健康習慣
女性特有の疾患に、
体へ負担の少ない
レディースドック
(子宮・卵巣MRI)

※写真はイメージです
画像提供:シーメンスヘルスケア株式会社

レディースドック
(子宮・卵巣MRI)について

子宮や卵巣の検査は、「見られる」「恥ずかしい」といった理由から検査を避けられることも少なくありません。 当院のMRIを使用したレディースドックは、触られることも、見られることもなく、検査着を着たまま20分程度仰向けで寝ているだけの検査です。 造影剤や放射線も使用しないため体への影響もないため安心して受けて頂くことができます。 婦人科の病気は大きな症状が出ないまま進行することが多いと言われています。定期的な検診をおすすめします。

若い世代でも
子宮頸がんが増えています

子宮頸がんの原因は特定されていますが、若い世代の検診受診率が低いため30代の罹患率が増えています。 子宮頸がんは、30代から急増し、40代、50代に最も多い病気ですが、20代にもみられます。

年齢階級別罹患率【子宮頸部 2019年】 参照:がん情報サービス

発見される主な疾患

子宮がん、子宮内膜症、卵巣腫瘍 など

子宮,卵巣部位画像

このような方に
検査をおすすめします

  • 出産経験がない方
  • 生理不順ががある方
  • 不正出血がある方
  • 下腹部にしこりがある方
  • 肥満気味の方
  • 喫煙する方

メディア出演・掲載

とっても健康ランド

九州朝日放送(KBC)「とっても健康らんど」に当クリニック診療放射線技師の原岡 健太郎が出演しました。
こちらの放送では、当院で行っている「全身がん検査」について詳しくご紹介頂きました。また放送の中でMRIの仕組みやCTとの違い、受診時の注意点について解説致しました。

当クリニックの特徴

3テスラで行う
8種類の検査

検査費用

お電話でのご予約 お電話でのご予約092-477-1101